HOME |英グリーンボンド推進団体 クライメート・ボンド・イニシアティブ(CBI)のCEO ショーン・キドニー氏。「今年のグリーンボンド市場の見通し」と「中国の同市場の巨大な潜在力」(FGW) |
Kidney1キャプチャ

太陽光や風力発電などの再生可能エネルギー事業やビルのグリーン化などCO2排出量の削減と、エネルギー効率化を進める事業に資金を供給するグリーンボンド市場が急成長している。新たな国際的な地球温暖化対策での合意が、年末のCOP21で予定される中、今年のグリーンボンド市場がどう成長するのか、注目すべき市場はどこか。グリーンボンド、クライメートボンド(気候債)などの普及、啓蒙活動を進めている英国の非営利団体、Climate Bonds Initiative(CBI)のCEO、ショーン・キドニー(Sean Kidney)氏に聞いた。

 

Q: 世界のグリーンボンド市場は380億㌦(2014年)で、前年の110億㌦の3・5倍以上も急増した。地球温暖化の加速と、国際的な温暖化枠組み交渉の進展をにらんで、低炭素事業投資への需要拡大を見込んだ資金調達がさらに増加しそうだ。今年のグリーンボンド市場の規模はどれくらいになると予想しているのか。

 

<今年の市場は700億~1000億㌦。昨年の2~3倍増……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム