HOMERIEF Interview |スマートエナジー社長の大串卓矢氏  「再生エネルギーの主役は引き続き太陽光発電です」(RIEF) |

 

 日本で再生エネルギー事業やCO2削減事業などに先駆的に取り組んできたスマート・エナジー社。最近はゴールドマンサックスと再エネビジネスで連携するなど、新たな事業拡大も目指しています。パリ協定発効、固定価格買い取り制度(FIT)改正などの環境変化の中で、日本の再エネ市場はどう展開するか、その中で再エネビジネスはどう展開するかなどを、同社の大串卓矢社長に聞きました。

 

 この中で大串社長は、今年度から固定価格買い取り制度(FIT)で大口太陽光発電事業の入札制が導入されることについて「制度変更の影響は大きい。(売り上げを見込めないと事業化できないので)リスクが大きくなってきた。ただ、他の事業ではそれは当たり前のことで、今後はリスクを見極めて事業投資を行う『目利き』が重要になる」と指摘した。

 

 また長期的にみると、再エネ事業の中でも、太陽光発電は今後、コストが下がっていくので、引き続き太陽光が中心になる、との見方を示した。ただ、太陽光のパネル価格などが下がってくると……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム