HOMERIEF Interview |ERM日本社長の坂野且典氏 「現場主導型」の日本のESG対応。M&Aなどの場合に課題(RIEF) |

 

 ESG(環境、社会、ガバナンス)の非財務要因を企業が自らの企業価値にどう盛り込むかが、問われている。グローバルベースで非財務要因のコンサルタント業務を展開しているERMの日本法人社長である坂野且典氏に、企業はどのようにESG視点を持てばいいのか、そのためにコンサルはどのような役割を果たすのかなどを聞いた。

 

 坂野氏は、日本企業のCSR、ESGへの取り組みの ほとんどが、工場などの現場中心の拠点型であるのに対して、欧米のグローバル企業では、本部がポリシーを持ち、細かいところまで共通ルールで規定して現場に適用する方式としている点を指摘。日本型は現場が強いうちはいいが、グローバル化の中でのM&Aなどを想定すると、完全に違う企業カルチャーに転じるので、対応に問題が出る可能性を強調した。

 

 その上で、日本企業がターゲットとなるM&Aの場合、日本企業の10社中9社は、ESGへの対応が十分でない、と指摘。その分、企業価値を減じられるリスクがあると警鐘を鳴らした。

 

 また、 ESGを重視したCSR経営を展開するうえで、トップのリーダーシップの役割とともに、組織の意思決定を企業内の仕組みの中で根付かせる体制……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム