HOMERIEF Interview |ヒューリック代表取締役会長の西浦三郎氏。「環境性能のいいオフィスの提供を推進」「国の基準以上のことを目指す」(RIEF) |

 

 オフィス不動産などの環境性能の向上が目覚ましい。CO2排出量を削減したグリーンビルディングから、ZEB(CO2排出量ゼロ・ビルディング)への志向も高まっている。「環境性能の高いオフィス」を提供する大手不動産会社のヒューリック社の西浦三郎会長に、環境不動産の価値と今後の展望について聞いた。

 

 この中で西浦会長は、パリ協定で地球温暖化対策が国際合意されたことを評価、「最近は米国が協定から離脱を宣言したが、協定で一つの流れが明確になった以上、日本もそれを進めていくし、われわれとしても(国の)基準以上のことをやっていかなければならないと思っている」と、温暖化対策をこれまで以上に強化する姿勢を強調した。

 

 不動産業としての対策として、CO2排出量をネットでゼロにするZ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム