HOMERIEF Interview |米サステナブル会計基準機構(SASB)基準委員会議長のジェフリー・ヘールズ氏。産業・業種別SASB基準のポイントを聞く(RIEF) |
Hales3キャプチャ

 

 企業が抱えるESG要因を評価・開示する手法として米サステナブル会計基準機構(SASB)が昨年11月に公開した基準への関心が高まっている。SASBは企業が抱えるESG要因の重みは一律ではなく、産業・業種によって異なる、との視点から、11産業79業種に分けた産業・業種別基準を6年がかりで作成した。

 

 SASBは非営利団体だが、メンバーには米証券取引委員会(SEC)や連邦会計基準機構(FASB)の元委員長や元議長らも名を連ねており、米金融市場を中心に普及する期待もある。公開された基準の特徴や手応え、今後の展開等について、基準委員会議長を務める米ジョージア技術工科大学教授でFASBの評議委員会メンバーも兼ねるジェフリー・ヘールズ(Jeffrey Hales)氏に聞いた。

                         (聞き手は、藤井良広)

 

Q: SASBの基準が公表されました。産業ごとの非財……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム