HOME |国際決済銀行(BIS)、自行資産や加盟中銀の受け入れ資産等をグリーンボンドで共同運用する「グリーンボンド・ファンド」を立ち上げ。 |
BIS12キャプチャ

 

 各国中央銀行の共同機関である国際決済銀行(BIS)は、各中銀から受け入れている中銀資産をグリーンボンドで共同運用する「グリーンボンド・ファンド」を稼働させた。規模の大きな気候関連投資家としての役割を引き受けることで、グリーンファイナンスを促進するとともに、適格グリーンボンドの発行増を支援することを目的としている。

 

 BISは今年公表したアニュアルレポートで、各国の中銀によるグリーンボンド等のグリーン資産投資を支援する「グリーンボンド・イニシアティブ」を打ち出した。新イニシアティブは①気候関連のグリーン投資を促す②市場での標準化、認証等の確立を支援する③適格グリーンボンドの最小基準を確立するーーことを目指すとしている。http://rief-jp.org/ct6/91288

<……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム