HOME |米大手公的年金、NY州一般退職基金(NYSLRS)、日本の石油資源開発(JAPEX)を含むオイルサンド開発企業7社から投資引き揚げ(ダイベストメント)。「低炭素への移行準備不足」(RIEF) |
JPEX001キャプチャ

 

 米国第三位の公的年金基金であるニューヨーク州一般退職基金(NYSLRS)は、低炭素経済への移行の準備をしていないとして、複数のオイルサンド開発企業の保有株を売却(ダイベストメント)する。同州の会計検査官のトーマス・ディナポリ(Thomas P. DiNapoli)氏が発表した。投資引き揚げ対象には日本の石油資源開発(JAPEX)が含まれている。JAPEXはカナダでオイルサンド事業を展開している。

 

 (写真は、JPEXがカナダで開発するオイルサンド事業の重質油抽出設備)

 

 NYSLRSはディナポリ氏が主導する形で、2040年までにファンドの投資ポートフォリオの温室効果ガスを実質ネットゼロとするため、気候変動か……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム