HOME |新興市場の投資家団体「EMIA」、グリーンボンド等のESG債の市場基準として、ICMAの原則よりも「強化された原則」を公表。ICMA原則の不透明性を修正(RIEF) |
EMIAキャプチャ

 

  新興国市場の投資機関で構成する米非営利団体「Emerging Markets Investors Alliance (EMIA)」はグリーンボンド等のESG債の「強化版原則(EMIA原則)」を公表した。ESG債については国際資本市場協会(ICMA)が原則を公表しているが、その内容は発行体主導で、資金使途の厳格性や透明性等に課題があるとの批判がある。EMIAは投資家の視点で、ICMA原則に"上乗せ”する形で、厳格性と透明性を高めた形だ。

 

 EMIAが公表した原則は「EMIA Enhanced Labeled Bond Principles」。強化版(Enhanced)と銘打ったのはICMAの現行のグリーンボンド原則(GBP)等を踏まえている。新原則はGBP等のプロジェクト対象のUse ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム