HOME |米MSCI、スイスの「カーボン・デルタ」社を買収。同社の「カーボン・バリュー・アット・リスク(CVaR)モデル」を吸収。TCFDの気候リスク・シナリオ分析提供力を強化(RIEF) |
CD2キャプチャ

 

 米指数開発プロバイダー大手のMSCIは、スイスの気候リスク・データプロバイダーの「カーボン・デルタ(Carbon Delta:CD)」社を買収した。CDは気候変動のシナリオ分析に活用するCarbon Value at Risk(CVaR)モデルの開発で知られる。MSCIは気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に沿ったシナリオ分析サービス提供力を強化する。

 

 カーボン・デルタ(CD)社は2015年の設立。金融安定理事会(FSB)のTCFD提言が示す企業の気候変動による物理リスク、移行リスクを評価するCVaRの開発で知られる。MSCIのスイス法人、MSCI BarraがCDを吸収する形で傘下に置く。同社のスイス拠点は、気候変動リスクの開発に集中したMSCIの「気候リスクセンター」と位置付けられる。

 

 TCFDの提言に基づく気候シナリオ分析の評価については、グローバルな機関投資家から的確な評価への要求が強まっている。企業側では、グ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム