HOME |英FRC、スチュワードシップコードを改定。ESGの投資判断への組み込みを「原則」化。「Comply or Explain」から「Apply and Explain」へ転換。日本のコード改定も課題に(RIEF) |
FRC1キャプチャ

 

  英国のFRC(財務報告評議会)は、機関投資家向けの行動規範であるスチュワードシップコードの改定版を公表した。改定では、気候変動を含むESG要因の影響を、投資判断に組み込むことへの「期待」を「原則」として盛り込んだほか、対象となる投資資産を従来の上場株から、債券やプライベートエクイティ等に拡大、英国外の投資も含める。ESG要因への配慮を全投資資産、および内外投資の運用に求める。

 

 同コードの改定は、2010年の制定後、2012年に改定して以来、2度目。FRCは、「本質的で野心的な改定」と位置づけている。英国のコードは、日本の金融庁のスチュワードシップコードのモデルでもあり、わが国でも同コードの見直しが求められそうだ。

 

 新コードは2020年……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム