HOME出版・論文・資料 |資料:第4回RIEFオンライン勉強会(通算29回)資料「2021年のサステナブルファイナンス課題を占う」(藤井良広) |
RIEF大4回勉強会資料キャプチャ

 

 一般社団法人環境金融研究機構(RIEF)は2020年12月28日、第4回RIEFオンライン勉強会(通算29回)を開きました。テーマは「2021年のサステナブルファイナンス課題を占う~TCFD、トランジション、タクソノミー」。バイデン米政権の発足に伴い、サステナブルファイナンス課題がどう展開するのかを、RIEF代表理事の藤井良広が講義しました。

 

 米国はこれまで、トランプ前政権下で、「反パリ協定」の路線を貫き、サステナブルファイナンスについても後ろ向き姿勢を続けてきました。その結果、同分野の政策展開は、EUが軸となってきました。欧州委員会のサステナブルファイナンス行動計画がその柱となってきました。

 

 バイデン政権自体、EUのこの分野での取り組……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム