HOME |5. 政策関連|

5. 政策関連

英最高裁。国内の石油採掘事業で「使用段階のGHG排出量(スコープ3)」の環境影響評価を地方当局が増産事業認可に際して考慮しなかったのは「違法」とする逆転判決。住民側勝訴(RIEF)

2024-06-22 23:43:17

スクリーンショット 2024-06-22 205652 (写真は、英国ロンドンの最高裁の建物)     英最高裁は20日、英国の地方州の郡当局が、州内での...
詳しく見る

「欧州排出権取引制度(EU-ETS)」。クレジット価格の上昇要因に、市場需給だけでなく同制度・政策への市場参加者の「信頼醸成」が反映との分析論文。スティグリッツ教授ら(RIEF)

2024-06-22 01:12:46

スクリーンショット 2024-06-22 005120 (上図は、EU-ETSのクレジット(EUA)価格の推移)    日本政府も脱炭素化促進のためカーボンプラ...
詳しく見る

EU。対ロシア経済制裁で「抜け穴」と指摘されてきたロシア産LNGで、EUへ輸出後のEU内外への「再輸出禁止」で合意。ロシアのLNG収入減による戦費逼迫化を狙う(RIEF)

2024-06-20 23:15:22

スクリーンショット 2024-06-20 230323 (写真は、ロシアのガス企業ノバテックの砕氷タンカーがヤマル半島のガス田から輸送する状況=The Marit...
詳しく見る

EUと中国。両者の排出権取引制度の連携強化で覚書締結。中国の同制度の拡大を見越したEUの支援やCBAMでの調整に加え、将来の両制度間の国際連携も視野か(?)(RIEF)

2024-06-20 18:45:39

スクリーンショット 2024-06-20 182959 (写真は、第5回EU中国環境・気候対話の開催を宣言する両サイドの代表)     EUと中国はそれぞれ...
詳しく見る

バイデン政権。スーパーファンド法の有害物質に指定したPFAS(難分解化学物質)の水道等の汚染調査で、まずニューメキシコ州に連邦資金を供給。超党派インフラ法から拠出(RIEF)

2024-06-19 01:01:57

スクリーンショット 2024-06-19 004703    米環境保護庁(EPA)は、難分解性有機フッ素化合物PFAS対策として、ニューメキシコ州での公共...
詳しく見る

世界遺産の知床岬に「サッカー場」大の携帯基地局用の太陽光発電計画。環境省はアセスメント無しで許可。環境団体がユネスコに「通報」。知床観光船の沈没事故後の観光対策を優先(RIEF)

2024-06-18 18:21:07

スクリーンショット 2024-06-18 181051    世界遺産の知床岬に、サッカー場一面とほぼ同じ大きさの携帯基地局用の太陽光発電施設の建設計...
詳しく見る

EU理事会、2030年までにEU域内の陸地と海域の少なくとも20%を元に戻す「自然回復法」で合意。欧州議会はすでに承認済みで同法の成立確定。保全だけでなく、回復を重視(RIEF)

2024-06-18 16:31:44

スクリーンショット 2024-06-18 161658     EU加盟国で構成するEU理事会は17日、2030年までにEUの陸地と海域の少なくとも20%を開発状態...
詳しく見る

国際決済銀行(BIS)とシンガポール通貨管理庁(MAS)。銀行や金融システムの「financed emissions」をAI等で管理・分析する金融当局用のデータプラットフォーム構築(RIEF)

2024-06-18 00:45:24

スクリーンショット 2024-06-18 000843    国際決済銀行(BIS)とシンガポール通貨局(MAS)は共同で、各国金融当局が監督対象となる金融...
詳しく見る

イタリア・プーリアG7サミット(首脳会議)。「削減対策無し石炭火力」の廃止時期、2030年代で2グループとしたエネ相会議合意を踏襲。日本はエネルギー基本計画との整合性が必須(RIEF)

2024-06-15 22:03:01

スクリーンショット 2024-06-15 214022    イタリアのプーリアで開いていた7カ国首脳会議(G7)は15日、コミュニケをまとめた。その中で...
詳しく見る

メキシコ。来年1月から農業、エネルギー、製造業などの6分野を対象に、環境・社会両分野の改善を目標としたタクソノミー導入を実施。「ジェンダー平等性」も共通項目に(RIEF)

2024-06-13 18:33:27

スクリーンショット 2024-06-13 173230    メキシコは来年1月から、法定のサステナブルファイナンスのタクソノミーを導入すると公表した...
詳しく見る
1 / 28312345...102030...最後 »