HOME |5. 政策関連|

5. 政策関連

東京都、都内新築住宅・マンションへの太陽光パネル設置義務化条例制定を前提に、太陽光発電関連事業者団体の太陽光発電協会と連携協定締結。業界にとっても恰好のビジネス機会に(RIEF)

2022-12-03 00:58:28

tokyoto002キャプチャ    東京都は2日、太陽光発電協会(東京・港)と、都内での太陽光発電の普及に向けて連携協定を結...
詳しく見る

福島、山梨両県、グリーン水素の生産・活用で協力協定。山梨で開発した水素製造装置「P2G」を福島の新設半導体ガラス工場に導入。2025年度稼働、地域主導で「グリーン水素」推進(RIEF)

2022-12-02 23:14:32

yamanashi0011キャプチャ    福島、山梨の両県は2日、再生可能エネルギーの太陽光発電の電力で水素を生産する「グリーン水...
詳しく見る

EU欧州議会、海運事業をEU-ETSに盛り込み、5000㌧以上の船舶については、2027年までにGHG排出量100%分のカーボン価格支払いを義務付けへ。海運部門の脱炭素化促す(RIEF)

2022-12-02 16:48:49

maritime001キャプチャ    EUの欧州議会は欧州排出権取引制度(EU-ETS)に海運事業を新たに加えることで合意した。EUが目...
詳しく見る

高知県、来年3月に、同県初のグリーンボンド発行へ。発行額50億円、再生可能エネルギー事業や、気候対策の適応事業等に充当。グリーンボンドの発行は四国では初(RIEF)

2022-11-30 23:43:13

75_坂本龍馬像    高知県は30日、四国では初となるグリーンボンドを来年3月をメドに発行すると発表した。発行す...
詳しく見る

2035年のネットゼロ目標を掲げるフィンランド。森林伐採の進行でCO2吸収力が急減、目標達成困難に陥るも、「政府は十分な代替策をとらず」と批判、環境NGOが気候訴訟を提起へ(RIEF)

2022-11-30 23:17:13

10346230-800x450    先進国でもっとも、野心的な2035年ネットゼロ目標を掲げるフィンランドで、政府の対策の不十分...
詳しく見る

EU欧州理事会、企業サステナビリティ情報開示指令(CSRD)を承認。成立へ。企業活動の「ダブルマテリアリティ開示」を基本に。EU市場で活動する大手の日本企業等も対象に(RIEF)

2022-11-30 17:24:55

EU001キャプチャ    EUの欧州理事会は28日、「企業サステナビリティ情報開示指令(CSRD)」を最終的に承認した。同...
詳しく見る

経産省、排出量が少ない企業も含む全企業に法的義務の賦課金を課し、多排出企業は義務ではない自主的排出量取引制度にとどめ、GX債による金融支援もする「いびつな政策」を提案(RIEF)

2022-11-30 00:49:25

GS4かいキャプチャ    政府は29日、グリーントランスフォーメーション(GX)実行会議を開いた。その中で西村康稔経産...
詳しく見る

スイス政府、法的義務の気候情報開示を決定。大企業と銀行、保険を対象。開示する温室効果ガスは「すべて」。企業が気候変動に及ぼす影響も含め「ダブルマテリアリティ」の開示求める(RIEF)

2022-11-29 16:18:09

スイスキャプチャ    スイスは2024年1月から、従業員500人以上の大企業および銀行、保険会社に対して、気候情報開示...
詳しく見る

米労働省、従業員年金資金運用の「ERISA法」の受託者責任を「金銭的リターン」に限定したトランプ政権下の規制をすべて削除。気候変動やESG要因を考慮する投資に道(RIEF)

2022-11-29 07:19:53

7c7f1b6b93ce871ae0ed98c66281330d    米労働省(DOL)は、企業従業員の退職年金制度のエリサ法(Employee Retirement Income Securi...
詳しく見る

雨宮日銀副総裁、高炭素集約企業向け融資の多い金融機関の資産劣化リスク、金融システムに負の影響を及ぼす可能性を指摘。日銀として外貨通貨建てグリーンボンドへの投資を認める(RIEF)

2022-11-27 22:46:57

amemiya001キャプチャ    日銀の雨宮正佳副総裁は27日、脱炭素への動きが遅れる場合も、進む場合も、「金融機関の融資先...
詳しく見る
1 / 23412345...102030...最後 »