HOME |1. 銀行・証券|

1. 銀行・証券

農林中央金庫、ドル建てで初のグリーンボンド発行。10億㌦(約1100億円)。内外の再エネ事業やグリーン輸送、同ビルディング等に充当。シンガポール証券市場に上場(RIEF)

2021-09-15 11:52:59

nouchuuキャプチャ    農林中央金庫は15日、同金庫として初となるグリーンボンドの発行を発表した。米ドル建てで、5...
詳しく見る

政投銀と三井住友信託銀、商船三井のLNG燃料フェリーの建造費を資金使途とする「トランジションローン」を組成。CO2削減率は20%止まりだが、国費補助も(RIEF)

2021-09-10 14:06:07

MOL001キャプチャ    日本政策投資銀行と三井住友信託銀行は9日、商船三井が建造するLNG燃料フェリー2隻向けに、「...
詳しく見る

川崎汽船、みずほ銀行等から「トランジション・リンク・ローン」を最大1200億円調達。SPTは2050年までのネットゼロではなく、50%減止まりだが、経産省が「モデル」と推薦(RIEF)

2021-09-06 17:48:57

Kawasakiキャプチャ    川崎汽船は6日、経済産業省等の「トランジションファイナンス基本指針」に基づくトランジショ...
詳しく見る

三菱UFJ銀行、大阪ガス、NTTアノードエナジーと連携。再エネ事業の開発から利用までを一貫して提供する再エネ投資ファンド立ち上げ。3000億円規模への拡大目指す(RIEF)

2021-09-03 19:29:09

MUFG0044キャプチャ    三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の三菱UFJ銀行は、大阪ガス、NTTアノードエナジーと...
詳しく見る

三井住友フィナンシャルグループ、2021年度TCFDレポート。自社のGHG排出量は2030年にネットゼロに。投融資ポートフォリオを含むScope3の中長期目標は2023年に設定(RIEF)

2021-09-02 23:49:10

SMBC00123キャプチャ     三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)は2021年度のTCFDレポートを公表した。2030年に自社...
詳しく見る

三井住友銀、政投銀、CAMPFIRE、法務省主導の非行少年の再犯・再非行防止のためのソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)に資金提供。再犯防止の国主導SIBは初(RIEF)

2021-08-31 22:43:17

CAMPFIREキャプチャ    三井住友銀行、日本政策投資銀行、CAMPFIREの3金融機関は31日、法務省が主体で、非行少年の再...
詳しく見る

金融機関の投融資資産のGHG排出量を会計的に評価する国際イニシアティブ「PCAF」、カーボンクレジット、グリーンボンド国債等の共通開示手法を追加開発へ。COP26前に原案(RIEF)

2021-08-25 18:52:33

PCAF001キャプチャ     金融機関が抱える保有投融資ポートフォリオの温室効果ガス(GHG)排出量を会計的に評価・開示...
詳しく見る

大和証券グループ、2030年までに自社の温室効果ガス排出量(Scope1+2)をネットゼロに、「事業活動に関わる排出量(Scope3)」は2050年にゼロ化を宣言(RIEF)

2021-08-16 22:16:09

daiwa001キャプチャ     大和証券グループはカーボンニュートラル社会の実現に向け、 2030 年までに自社の温室効果ガ...
詳しく見る

デロイトトーマツグループのトーマツとSASが協業し、金融機関向けに気候適応リスクやパンデミック等の新たなリスクがポートフォリオに及ぼす信用リスクを評価するツール開発(RIEF)

2021-08-13 21:45:09

deloit001キャプチャ     デロイトトーマツグループの有限責任監査法人トーマツ(東京)は、SAS Institute Japan(東京...
詳しく見る

みずほフィナンシャルグループ、国際金融公社(IFC)と連携し、途上国の森林保全事業からカーボンクレジットを調達する「カーボンファシリティ」組成。日本企業の脱炭素経営支援(RIEF)

2021-08-11 23:59:14

Mizuhoキャプチャ    みずほフィナンシャルグループは10日、日本企業の脱炭素化経営への切り替えで、需要の増大が見...
詳しく見る
1 / 10712345...102030...最後 »