HOME |6. 外国金融機関|

6. 外国金融機関

国際決済銀行(BIS)によるドル建てグリーンボンドファンド運用額、半年で10億㌦(約1080億円)超。ユーロ建てファンドも準備へ(RIEF)

2020-07-01 23:36:30

BIS002キャプチャ    各国中央銀行の共同機関である国際決済銀行(BIS)は、昨年9月から開始した各国中銀から受け入...
詳しく見る

スイス政府、スイス金融市場を「サステナブルファイナンスのグローバル・リーダーに」と、報告書とガイドライン公表。サステナビリティ情報開示は義務化へ(RIEF)

2020-06-30 08:20:50

Swiss001キャプチャ     スイス連邦政府は、同国の主要産業である金融市場をサステナブルファイナンスのリーディング...
詳しく見る

シンガポール通貨管理局(MAS)、金融機関向け環境リスクマネジメントのガイドライン案。ガバナンス、リスク対応、情報開示等の整備求める。グリーンファイナンスのハブ化目指す(RIEF)

2020-06-27 08:04:37

MAS001キャプチャ     シンガポールの中央銀行に相当するシンガポール通貨管理局(MAS)は、金融機関向けの環境リス...
詳しく見る

金融当局による「NGFS」、気候リスクを金融システムに組み込む共通気候シナリオ公表。3つの基本シナリオと5つの代替シナリオ。金融政策・監督政策に生かす「ガイド」も公表(RIEF)

2020-06-26 19:26:25

NGFS001キャプチャ    中央銀行や銀行監督当局で構成する「NGFS:Network for Greening the Financial System(金融...
詳しく見る

香港証券取引所、グリーン&サステナブルファイナンスの情報プラットフォームを立ち上げ。グリーンボンド等の情報をオンラインで提供。第一弾はESGボンドとESG関連ETFを対象(RIEF)

2020-06-23 23:12:42

HKEX001キャプチャ     香港証券取引所(HKEX)はグリーンボンドやESG関連金融商品等のサステナブルファイナンスの情...
詳しく見る

英中央銀行のイングランド銀行、金融政策に伴う保有資産の気候変動リスクを初めて情報開示。移行リスクは北海油田等の「座礁リスク」。加重平均カーボン負荷はパリ協定目標を上回る(RIEF)

2020-06-23 18:58:00

BOE001キャプチャ   英中央銀行のイングランド銀行(BOE)は、同行初となる「気候関連財務情報(Climate-related Financi...
詳しく見る

中国とEUがグリーン・タクソノミーの共通化を目指した「タスクフォース」設立へ。中国の馬駿氏が明らかに。石炭火力除外のタクソノミーが国際共通基準化の可能性(RIEF)

2020-06-20 16:17:30

ma001キャプチャ      中国のグリーンファイナンス委員会議長を務める清華大学教授の馬駿(Ma Jun)氏は、近く改定...
詳しく見る

欧州保険・企業年金監督局(EIOPA)、サステナブルファイナンスに伴う非財務情報開示指令の改正で、非財務情報の検証要件を提案。「確からしさ」検証の必要性強調(RIEF)

2020-06-18 23:31:07

EIOPA001キャプチャ    欧州保険・企業年金監督局(EIOPA)は、EUがサステナブルファイナンス行動計画の一環として、E...
詳しく見る

国連支援の責任投資原則(PRI)、署名投資家等に対して、自らのESG投資行動が「現実世界に及ぼす成果」の開示求めるガイダンス公表。5部分に分かれたフレームワーク提示(RIEF)

2020-06-17 07:55:23

PRI001キャプチャ     国連支援の責任投資原則(PRI)は投資家等の署名機関が、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に...
詳しく見る

イタリアのガス大手のスナム(Snam)、同社初のトランジションボンド5億ユーロ発行。資金使途にはCO2削減事業等に加え、既存ガス輸送インフラ改造事業も盛り込む(RIEF)

2020-06-14 15:09:30

Snam003キャプチャ    イタリアのガス大手のスナム(Snam)は、同社初のトランジションボンドを発行した。発行額は5億...
詳しく見る
1 / 10112345...102030...最後 »