HOME出版・論文・資料 |資料:第7回RIEFオンライン勉強会(通算32回)「最近のISOグリーン&サステナブルファイナンスの動向の読み方を中心に~」(藤井良広) |
ISO14097キャプチャ

 

 2021年7月30日(金)、第7回RIEFオンライン勉強会(通算32回)を開催しました。テーマは、グリーン&サステナブルファイナンスの基準・規格化づくりを進めているISO(国際標準化機構)の規格化作業について、規格が成立したISO14097と規格化の見通しが焦点となっているISO14030のPart3についての現状を評価しました。

 

 ISOの規格化作業は、EUのサステナブルファイナンス行動計画の進展、バイデン政権の気候情報開示義務化の議論等とも複雑に絡み合っているように思えます。14030Part3自体、現在、DISの第2案を公開、各国に賛否を問う状況となっているほか、別途、英国主導で進んでいるTC322の原則等を整理した32210についても、委員会投票の期間に入っています。いずれも成……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム