HOME出版・論文・資料 |資料:ドイツの次期連立政権3政党の政策合意(Coalition Treaty)での気候・環境分野での合意内容の概要(RIEF) |
German002キャプチャ

 

 ドイツの次期連立政権を構成する3政党(社会民主党、グリーン党、自由民主党)が、2021年9月24日に結んだ政策合意(Coalition Treaty)のうち、気候・環境・エネルギー分野での主な概要。

 

<再生可能エネルギー>

ドイツの国土の2%を使って陸上風力発電を展開する。2022年の上半期に、連邦、州、自治体等とともに総合計画に基づいて取り組みを開始する。 再エネ設備を展開する近隣のコミュニティに利益が適正に還元されるようにする。 既存の風力発電設備を新型に切り替える際、主要な手続き面での負担を課さない。 洋上風力発電は2030年までに30GW、35年までに40GW、45年までに70GWを目標とする(2……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム