HOME |資料:EU欧州委員会のサステナブルファイナンス・プラットフォーム(PSF)のソーシャル(社会)タクソノミー最終報告(RIEF) |
Social Taxonomyキャプチャ

 

 EU欧州委員会のサステナブルファイナンス・プラットフォーム(PSF)は2月後半、すでに気候関連を中心に公表している環境分野のタクソノミーに続いて、ソーシャル分野のタクソノミー最終案を公表した。同案は国連持続可能な開発目標(SDGs)とともに、EU社会憲章、同基本権憲章等の社会的権利確保の枠組み、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則(UNGPs)等に沿った社会的事業の分類に資する内容だ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、社会的事業の重要性が高まった点も踏まえている。

 

  公開されたっソーシャルタクソノミー最終案はPSFの第4サブグループがまとめた。先行する環境分野のタクソノミーと社会分野のタクソノミーの連携を重視しているほか、ガバナンスや規制環境等の他のサステナビリティ目的への関連性……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム