HOME出版・論文・資料 |論文:Modelling the social funding and spill-over tax for addressing the green energy financing gap(Naoyuki Yoshino et al.) |
yoshino1キャプチャ

 

 アジア開発銀行研究所所長を務めておられる吉野直行慶応義塾大学名誉教授が、途上国での電力供給によって得られる外部経済効果(経済活動の活発化による税収増加分)を、インフラの投資家と建設業者に還元するGreen Financeの仕組みを、Portfolio理論で説明した論文を発表されました。

 

 米国のPACEや英国のGreen Dealの試みに似た仕組みを理論的に分析されています。吉野教授は「離島をたくさん抱えるインドネシアやフィリピンでも、島に太陽光パネルを設置すれば、電力供給が拡大し、漁業生産高が増加し、生活水準の向上にも使える」と指摘します。RIEF会員の方々にも、ご一読をお奨めします。

 

<Abstract>

The major challenge f……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム