HOME |グラスゴー金融同盟(GFANZ)。アジア太平洋(APAC)ネットワーク立ち上げ。拠点は日本ではなくシンガポールに。アジア太平洋地域の脱炭素化へ金融機関の行動を支援(RIEF) |
GFANZ001キャプチャ

 

  実質ゼロを目指す金融機関の有志連合「グラスゴー金融同盟(GFANZ、ジーファンズ)」は8日、「アジア太平洋(APAC)ネットワーク」を立ち上げるとともに、シンガポールに「アジア太平洋オフィス」を開設した。GFANZが地域別拠点を設けるのは今回が初めて。アジア地域のCO2排出増の抑制を重視した措置といえる。拠点の選定では、石炭火力発電の延命政策を続ける日本を避けた形でもある。

 

  GFANZのAPACネットワークは、シンガポール証券取引所(SEX)、同国の通貨金融庁(MAS)、同国政府の投資法人テマセク が支援する。運営責任を担うディレクターには国連環境計画(UNEP)フィナンシャルイニシアティブ(FI)アジア太平洋コーディネーション・マネジャーの安井友紀氏が就任した。アジア開発銀行(……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム