HOME |日本の3メガバンクの「脱石炭ファイナンス」。個別事業に限定、企業向け融資に「抜け穴」設定。NZBA加盟の他国の銀行に比べ「あまりにも対応が遅い」と仏シンクタンクが指摘(RIEF) |
RF001キャプチャ

 

  ネットゼロに向けた銀行の国際的なイニシアティブ「Net-Zero Banking Alliance (NZBA)」に参加する日本の3メガバンクの化石燃料関連融資の削減ペースが、他国のNZBAメンバーに比べ「あまりにも遅い」との評価が示された。仏環境金融シンクタンクが分析したもので、3メガはプロジェクトファイナンスでの新規の石炭関連事業を融資対象から除外したが、コーポレートファイナンスでは融資を続けており、石油・ガス向け融資も続けているためだ。特に海外での石炭鉱業や電力事業の拡大を優先した化石燃料融資を早急に停止すべきと指摘している。

 

 分析したのはフランスの環境金融シンクタンクの「Reclaim Finance」。同団体は、グローバルな主要金融機関の……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム