HOME |三井住友信託銀行、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏主導の脱炭素ファンドに出資。100億円弱規模。日本からの出資は三菱商事に次ぐ。グリーン水素事業等4分野に集中投資(RIEF) |

 

 三井住友信託銀行は22日、米マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏が立ち上げた脱炭素ファンド「Breakthrough Energy Catalyst : BEC」に出資したと発表した。出資額は公表していないが、100億円弱とされる。三菱商事もすでにBECに1億㌦を出資しており、日本からの同ファンドへの出資は2社目。BECは官民の資金を集めて、世界の脱炭素化を促進する画期的な技術開発に集中投資することを目指す。対象事業は、グリーン水素製造、長期エネルギー貯蔵等の4分野に焦点を合わせている。

 

 三井住友信託が出資するBECは、ビル・ゲイツ氏が、2015年に設立したBreakthrough Energyが2021年に立ち上げたプログラム。研究開発・実証段階を終えた革新的な脱炭素技術(グ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム