HOME |三井住友銀行、商船三井に対して、トランジション・リンク・ローンとして600億円のコミットメントライン設定。コミットメント付きのTLLはわが国では初(RIEF) |
MOL0044キャプチャ

 

 三井住友銀行は商船三井に対して、コミットメントライン契約によるトランジション・リンク・ローン(TLL)の提供を決めた。コミットメント契約は期間5年、融資枠は600億円。同ローンはICMAのサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)のフレームワークを活用し、重要業績指標(KPI)には、エネルギー効率運航指標(EEOI)を採用する。コミットメントライン契約付きのSLLはグローバルベースでは、全体の4割ほどを占めるが、わが国で導入されるのは初めて。

 

 SLL方式のトランジション・リンク・ローン(TLL)の融資は、グリーンボンド原則(GBP)等に準拠する場合は、特定のグリーン事業への資金供給に活用するが、SLLに準拠する場合は、一般資金として充当できる。商船三井はこれまで、GBP方式で、LNG……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム