HOME |英風力発電大手のSSE Renewables社、日本のパシフィコ・エナジ―社との間で共同会社設立。パシフィコの風力発電事業を人員とともに新会社に移行。SSE主導で洋上風力開発へ(RIEF) |
SSE001キャプチャ

 

  英風力発電開発大手のSSE Renewables社は、日本の再エネ事業のパシフィコ・エナジー(Pacifico Energy)と提携し、日本で洋上風力発電事業を展開する共同会社を設立すると発表した。新会社には、パシフィコが開発中の国内での洋上・陸上風力発電事業の80%が移管される。SSEが新会社を主導する形で、日本での洋上風力発電事業を展開するとみられる。SSEの日本市場参入は、日本の「2050年ネットゼロ」実現のカギを握るとされる将来の洋上風力発電市場に照準を合わせた動きだ。

 

 SSEは英国とアイルランドで、現在、発電規模7GWの洋上風力発電事業を実施している。また近年は、スペイン、ポルトガル、デンマーク、ポーランド等でも展開をしている。さらに潜在的需要の高い東アジア市場への進出を……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム