HOME13 原発 |ベルギー連立政権、2025年の「原発全廃」目標を維持しつつ、小型モジュール原発(SMR)等の新型原発開発に取り組むことで合意。原発の温暖化効果を重視(RIEF) |
Belgium001キャプチャ

 

  ベルギー連立政権は先週、現行の2025年原発全廃政策の維持を再確認する一方で、小型モジュール原発(SMR)等の開発・投資をすることで合意した。同国は現在、国内2カ所で原発を稼働させているが、日本の東京電力福島第一原発事故よりも前の2003年に、25年での全廃を決めている。今回の政権内合意では、現行の原発の廃止目標は予定通りとするものの、SMR等の新世代原発には門戸を開くとした。ベルギーの新方針は、脱炭素の政策とも密接に関連する。

 

写真は、稼働しているベルギー東部のティアンジュの原発)

 

 ベルギーは昨年10月の総選挙で、7党による連立政権が発足している。選挙で第2党だったフランス語系社会党(PS)、フランス語系穏健……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム