HOME |仏トタルエナジーズの撤退後のミャンマーのガス田事業。タイの国営系PTTEPが「オペレーター」の役割を継承。権限も参加企業で按分。国軍への批判無し(RIEF) |
PTTEPキャプチャ

 

  仏エネルギー大手のトタルエナジーズ(TotalEnergies)が今年初めに、ミャンマーの天然ガス事業から撤退を決めた後の同事業の操業主体(オペレーター)の役割を、タイの国営電力会社PTT子会社のPTTEPが引き継ぐことになった。 トタルとPTTEPはミャンマーでの共同事業者であり、同開発事業からタイが輸入する天然ガス量は同国全体のガス需要の11%を占める。トタルがミャンマーの国軍政権に抗議する形で、同国での事業から離脱する一方で、アジア企業が実質的に「国軍支援」の役割を担う形でもある。タイの政治姿勢が問われそうだ。

 

 (写真は、ミャンマー・ヤダナ・ガス田での採掘の模様)

 

 PTTEPの発表によると、トタ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム