HOME |JERA等も参画するシェブロンの豪州ゴーゴンLNG事業(GLP)、CCSは過去5年で50%しか機能せず。日本の想定と同じ海底地下貯留方式の技術的課題を露呈。米調査で判明(RIEF) |
GLP005キャプチャ

 

  世界最大級のカーボン回収貯留設備(CCS)として知られる西オーストラリアのゴーゴンLNG事業(GLP)でのCCSが回収目標の50%の機能しか果たせていないことが調査でわかった。同事業は米シェブロンが中心に進め、日本のJERA等も参画している。日本は2050年目標でも化石燃料火力発電をCCSの活用を前提に推進する方針で、CCSの方式はGLPと同じ海底地下への貯留方式。改めてその技術の未確立さが示された形だ。

 

 (写真は、西オーストラリアでの広大なゴーゴンLNG事業の全景)

 

 GLP事業でのCCSの不具合はこれまでも、現地で報告されていた。今回、同事業の稼働状況を包括的に調査したのは、米非営利研究機関の「In……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム