HOME10.電力・エネルギー |仏エネルギー大手、トタルエナジーズ。ロシア北極圏での「ハリャガ油田」開発から撤退を表明。保有権益はロシア側企業に有償譲渡。サハリンⅡの日本企業への無償譲渡通告と開き(RIEF) |
Total001スクリーンショット 2022-07-07 145503

 

  フランスのエネルギー大手「トタルエナジーズ(Total Energies)」は6日、ロシア北極圏のハリャガ(Kharyaga)油田から撤退すると表明した。保有する20%の権益全てを筆頭事業者のロシア石油会社ザルベジネフチ(Zarubezhneft)に譲渡する。譲渡金額等は明らかにされていないが、サハリンⅡ事業でロシア政府が日本企業に対して、保有分の無償譲渡を求めているのとは対照的だ。

 

写真は、ハリャガ油田の光景)

 

 トタルはハリャガ油田の運営に、ノルウェーのエネルギー大手エクイノールとともに、これまで20年以上、関わってきた。以前は同油田の筆頭事業者だったが、2016年に権益の一部をザルベジネフチに売却……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム