HOME10.電力・エネルギー |欧州諸国のロシア産エネルギー依存修正に伴う石炭火力の一時稼働の動き、最悪シナリオでもEUのCO2排出量増加は全体で1.3%増にとどまる。非営利シンクタンク推計(RIEF) |
Ember002スクリーンショット 2022-07-14 161036

 

   ロシアのウクライナ侵攻による経済制裁等の影響で、ロシアからEUへの天然ガス供給の減少を補うため、ドイツ等の4カ国は石炭火力発電を一時稼働させる予定だが、その気候変動への影響は「無視できるレベル」との分析結果が示された。対象国は、ドイツ、オーストリア、オランダ、フランスの4カ国。各国とも今年後半の冬季の電力・暖房需要期にガスに代えて石炭利用の準備を進めている。最悪シナリオで一時稼働が2023年末まで続く場合でも、EU全体のCO2排出量の増加率は1.3%にとどまるとしている。

 

 (写真は、ドイツ・ノルトライン・ヴェストファーレン州の石炭火力発電所の稼働の模様=DPAから)

 

 分析を実施したのは非営利シンクタ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム