HOME |東京ガス、米国のCO2直接吸収技術(DAC)の開発ベンチャーに出資。同社の技術を活用して、日本でもDAC技術によるCO2回収事業の初の実用化を目指す(RIEF) |
Globalthermostatキャプチャ

 

 東京ガスはCO2を大気中から直接回収するDirect Air Capture(DAC)技術の開発企業の米国グローバルサーモスタット社(GT社)に出資したことを明らかにした。GTは独自に開発した固体吸着方式の技術で、米エネルギー省のe-fuel生産プロジェクトにも参画している。東京ガスでは、GT社のDAC技術を活用したCO2回収試験を日本で初めて実施してDACの実用化を進めるとともに、将来は、DACで回収したCO2を国内外のメタネーションやCCUS等に活用することも目指すとしている。

 

 東京ガスのGT社への出資は、東京ガスの100%出資米子会社のアカリオ・インベストメント・ワン社を通じて行う。DATに出資する日本企業は、東京ガスが初めてになる。出資額は明らかにしていない。

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム