HOME |電源開発(Jパワー)。CCSのCO2貯留適地を拡大できる「ハイドレート方式」開発。CO2をハイドレート化して貯留することで、注入時の故障リスクも防止(RIEF) |
Jpower002キャプチャ

 

 電源開発(Jパワー)は25日、CO2を回収貯留するCCS技術で最大の課題とされるCO2の貯留について、海底下で形成されるハイドレート(水素結合による氷状の状態)化する方式を開発した。現行のCCSの多くは地中や海底の帯水層に封じ込める方式だが、CO2の密度が水より小さいため、密度差によって浮上するCO2を封じ込める仕組みが必要で、故障等が起きる課題があり、コスト上昇にもつながっている。Jパワーは、CO2をハイドレート状で貯留することで、封じ込めが不要となるほか、帯水層がないところでも貯留できるという。「CO2地中貯留の『適地』が拡大し、貯留可能量を増大させることが期待できる」と強調している。

 

 同社は、開発したハイドレートメカニズムを利用したCO2地中貯留方式について、「CO2ハイドレー……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム