HOME12.その他 |国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)、10月予定を来年に延期。新型コロナウイルス感染拡大を重視。コロナ禍で東京オリンピック開催を強行した日本政府を「反面教師」か(RIEF) |
COP15126bb22b5a2242c0e01840c0e59e9e49

 

 10月に中国・昆明で予定されている国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が来年に延期される。COP15は当初、昨年10月に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年5月に延期、その後、10月に再延期されている。今回の延期で3度目となる。いつに延期するかの日程については、開催国、中国の判断が定まっておらず、確定していないという。

 

 COP15の再々延期案は、コロナ禍が収まらないことから、ここ数カ月の間、関係者の間でチラついていた。オンライン開催案も浮上したが、オンラインだと生物多様性課題に関連する多くの途上国の代表団等が、時差や機器の関係等で十分に出席できないとの懸念もあるため、国連事務局では物理的な会合の開催に拘ってきた。https://rief-jp.or……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム