HOME |中央銀行・金融監督当局で構成する「NGFS」と研究グループ「INSPIRE」、生物多様性リスクの金融システムに及ぼす影響で中間報告。当局に4段階の取り組み提案(RIEF) |
INSPIREキャプチャ

 

 金融システムのグリーン化のために中央銀行、金融監督当局で構成する「NFGS」と、同機関を研究支援する「INSPIRE」の共同研究グループは、「生物多様性と金融安定」の中間報告を公表した。農林水産業等のようにエコシステムを基盤とする産業は、生物多様性の損失の進展で、気候変動の様に、物理リスクと移行リスクに直面する。その一方で、気候変動とは異なり、リスクマネジメントだけでは対応できない課題を指摘している。金融当局が取るべき対応策として4段階の取り組みを提案している。

 

 報告書は「Biodiversity and Financial Stability : building the case for action」。INSPIRE(International Netw……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム