HOME |マイクロプラスチック汚染、大気中でも深刻。英研究チーム、大気中の同物質を呼吸を通して体内に取り込んでいることを初めて確認。肺の最深部でも見つかる。人体影響の解明が課題(RIEF) |
lung002スクリーンショット 2022-04-11 180948

 

   地球上での広範囲な環境汚染等が指摘されているマイクロプラスチックが、生きている人体の肺組織中に蓄積していることが、英国での研究で判明した。これまでの人体への吸収の影響が指摘されてきたが、今回、初めて、有意な実証結果が得られた。大気中に漂うマイクロプラスチックをわれわれ一般人が、呼吸時に自然に体内に取り込んでいることを意味する。廃プラスチック汚染の影響は、海洋汚染だけでなく、人類の生活全般に及んでいることが改めて示された。

 

 研究は英ヨークシャー州のハル・ヨーク医科大学とヨーク大学の共同研究チームがまとめた。同地域の病院に入院中の外科患者を治験対象とした。研究結果は環境科学誌の「Science of The Total Environment」に掲載された。

&nbs……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム