HOME |自然関連財務情報開示作業部会(TNFD)。フレームワーク第2弾(Beta v0.2)公表。自然資源等の評価指標や特定セクター向けガイダンス等。金融機関向けLEAPアプローチも(RIEF) |
TNFD001キャプチャ

 

   気候変動リスクと同様に、自然資源、生態系保全のリスクと機会を、企業活動に盛り込むことを目指す国連と民間連携の「自然関連財務情報開示作業部会(TNFD:Task force for Nature-related Financial Disclosures)」は28日、開示フレームワーク(ベータ版 : Beta v0.2)を公表した。3月に公表した「v0.1」に続くもので、自然資源等を評価する指標や特定セクター向けガイダンス、パイロットテスト支援の追加的ガイダンス等を提案している。

 

 TNFDは企業活動による自然資源の減少、生物多様性の損失に歯止めをかけ、自然資源等が回復に転じることを目指している。3月のv0.1、今回のv0.2に続き、10月にv0.3、23年2月にv0.4をそれぞれ公……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム