HOME |自然関連財務情報開示作業部会(TNFD)、開示フレームワーク(Bata v0.3)公表。サプライチェーンのトレーサビリティ等盛り込む。自然資源のシナリオ分析、社会的影響も提起(RIEF) |
TNFD003キャプチャ

 

  国連と民間連携の「自然関連財務情報開示作業部会(TNFD:Task force for Nature-related Financial Disclosures)」は、第3弾となる開示フレームワーク(ベータ版 : Beta v0.3)を公表した。新提案は、自然資源への依存性とインパクトについての適応のガイダンスの開示のほか、「サプライチェーンのトレーサビリティ(traceability : 追跡可能性)」、気候変動のネットゼロ目標と、自然資源の増加目標を共に達成するための「統合トランジション計画」等を盛り込んだ。自然分野のシナリオ分析と社会的影響についても、開示項目に取り入れる問題提起もした。

 

 TNFDは自然資源、生態系保全のリスクと機会を、企業活動に盛り込むことを目指し、気候変動……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム