HOME |東京海上日動、企業のグリーンウォッシュや人権課題等のESGリスクが顕在化した場合の発生費用を役員賠償責任保険の特約でカバーへ。リスクの少ない企業には保険料割引(RIEF) |
東京海上日動3

 

 東京海上日動火災保険は20日、企業の活動において、グリーンウオッシングや性差別等のESG課題による問題が起きた際に、必要となる調査や再発防止の費用を払う保険を売り出すと発表した。同社が監査法人トーマツと共同開発したESG評価モデルを使い、保険引き受け時に企業の環境や人権に関するリスクを診断する。環境や人権侵害に関する対策が十分な企業は保険料を2割程度下げるが、対策が不十分な企業の保険引き受けは見合わせる可能性もあるとしている。

 

 1月中に役員の不祥事に備える役員賠償責任保険(D&O)に新たなESGリスクを担保する特約を設ける。海外でも米保険仲介のマーシュが企業向けにESGスコアを算出し、企業のESGリスクに応じた保険を提供している。

 

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム