HOME |グローバルな脱炭素化のインフラや技術開発等の移行投資に2030年までに19兆㌦(約3000兆円)必要。半分強の10兆㌦分は保険が必要で、保険料は50%増。英保険会社等が試算(RIEF) |
スクリーンショット 2024-06-24 230000

 

 2030年までに、脱炭素化へ移行(トランジション)するには、気候関連のインフラや技術開発、事業の建設、運用等に合計で19兆㌦(約3000兆円)以上の「移行投資」がグローバルベースで必要で、その半分以上の10兆㌦分には「移行リスク」をカバーする追加保険が求められるとの試算が、英保険会社等の分析で示された。保険対象の増加とカバーする移行リスクの増大から、企業が保険会社に支払う保険料も、現行比50%増加する。これにより、公的、民間の両保険システムはかつてない構造的圧力を受けるとしている。

 

 報告書は、独立系の英大手保険保険ブローカーであるハウデン(Howden)と、ボストンコンサルティンググループ(BCG)が「The Bigger Picture」と題する共同報告の形で公表した。

……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログイン