HOME |世界の主要保険会社で構成する国連「持続可能な保険原則(PSI)」、企業の損害保険引き受けに際して、ESG要因を統合する初の統一ガイド案を公表(RIEF) |
PSI1キャプチャ

 

 国連環境計画(UNEP)金融イニシアティブ(FI)の支援で主要な保険会社が構成する「持続可能な保険原則(PSI)」は、持続可能な開発目標(SDGs)課題に貢献するため、グローバル保険会社が企業の損害保険を引き受ける際に、ESGリスクを反映させるための初の統一ガイド案を公表した。

 

 PSIのESGプロジェクトは2016年以来、PSIの主要課題として作業が進められてきた。独保険大手のAllianzがスポンサーとなり、17年、18年と保険業界でのアンケートやコンサルテーションを重ね、今回、ガイド案をまとめた。案に対しては、6月末まで保険業界内外からの意見を踏まえて修正し、年末に最終公表する予定。

 

 作業チームにはAllianzのほか、 AXA、 ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム