HOME10.電力・エネルギー |世界最大の鉄鋼業「アルセロール・ミッタル」、欧州での鉄鋼生産で、CO2削減2030年30%削減、2050年ゼロの目標設定。スマートカーボン技術とグリーン水素活用の還元鉄でメド(RIEF) |
ArcelorMittal001キャプチャ

 

  世界最大の鉄鋼会社、アルセロール・ミッタル( ArcelorMittal )は、欧州での鉄鋼製造工程で発生するScope1のCO2を2030年までに30%削減(2018年比)、2050年にはネットゼロのカーボンニュートラルとする目標を設定した。鉄鋼製造に要するエネルギーをすべてクリーンエネルギーとし、燃焼で発生するCO2を吸収する「スマート・カーボン」技術と、グリーン水素を活用した還元鉄(DRI)高度化技術の2ルートを併用する。EUが進めるグリーンディール政策(EGD)への適用とともに、パリ協定の目標達成の実現のメドがついたとしている。

 

 アルセロール・ミッタル欧州は、CO2排出量の多い鉄鋼事業をカーボンニュートラルに転じるためには、鉄鉱石から鉄鋼を生産するプロセスを現行の化石燃料依……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム