HOME |欧州委員会の「サステナブルファイナンス・プラットフォーム」、メンバー50人決まる。TEGの主要メンバーも選出。金融機関3社、企業5社。さらなるタクソノミー開発が中心課題に(RIEF) |
EU0002キャプチャ

 

 欧州委員会は1日、新たに設けるサステナブルファイナンス・プラットフォームのメンバー50人(他にオブザーバー9人)を公表した。プラットフォームはサステナブルファイナンスの対象となるグリーン事業等のタクソノミーのためのクライテリアの開発や、政策展開等について、委員会にアドバイスする役割を負う。EUのサステナブルファイナンス政策の「かじ取り役」になると期待されている。

 

 プラットフォームの創設は、6月に成立したタクソノミー規制に盛り込まれている。それまで欧州委のサステナブルファイナンス行動計画の軸となるタクソノミー開発は、技術専門家グループ(TEG)が担ってきた。プラットフォームはTEGの中心課題のタクソノミー開発についての実務的な調整作業の場としても期待されている。TEGの主要メンバーが選……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム