HOME8.温暖化・気候変動 |米GM、2035年までにガソリン車、ディーゼル車の販売停止「目標」に。製造拠点を含め2040年にカーボンニュートラル達成。バイデン政権の脱炭素政策を踏まえ、EV化を加速(RIEF) |
GM0012キャプチャ

 

 米大手自動車メーカーのゼネラル・モーターズ(GM)は28日、2035年までにガソリン車、ディーゼル車の販売の停止を「目標」に掲げ、電気自動車(EV)等への全面転換を目指す。また自動車生産に使う電力を全米の工場では2030年までに100%再生可能エネルギー電力に切り替え、グローバルベースでも35年に100%化し、2040年にはグローバルにカーボンニュートラルを実現すると宣言した。

 

 (写真は、EV化、カーボンニュートラルを宣言する会長兼CEOのバーラ氏)

 

 GMは今月12日に、工場等での搬送用の電動パレットやEV商用車を推進する新ブランド「ブライト・ドロップ(Bright Drop)」を発表している。今回のカ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム