HOME |米証券取引委員会(SEC)、企業の気候変動情報開示で、現行ガイダンスの評価・改定作業を指示。ガイダンス全面改定か、自主的開示の義務化か。EUやIFRSの動きとの整合化が焦点(RIEF) |
Alisonキャプチャ

 

 米証券取引委員会(SEC)の委員長代理を務めるAllison Herren Lee氏は、公開企業の財務報告書での気候関連情報開示を高めるため、現行のガイダンスのレビューと改定作業を指示したと発表した。SECは2010年に上場企業を含める公開企業向けに、気候変動で影響を受ける事業内容等の自主的な開示を求めるガイダンスを公表している。TCFD提言等に基づく気候変動情報開示をめぐる議論が高まっていることから、現行のガイダンスの改定あるいは新たな基準の制定等を目指すものとみられる。

 

 (写真は、SECのコミッショナーで、現在は委員長代理を務めるAllison Herren Lee氏)

 

 評価・見直しの対象とされたの……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム