HOME4.市場・運用 |G20サステナブルファイナンス・スタディ・グループ(SFSG)、国際共通タクソノミーをテーマに。10月のG20首脳会議までに報告まとめる方針決める(RIEF) |
G20SFAG001キャプチャ

 

 再開したG20のサステナブルファイナンス・スタディ・グループ(SFSG)が、共通の協議テーマとして、国際共通タクソノミーの制定を取り上げることがわかった。タクソノミーの共通化については現在、EU主導の「国際サステナブルファイナンスプラットフォーム(IPFS)」で検討している。それに加えて、G20で本格的に取り上げるとなると、気候リスク財務情報開示タスクフォース(TCFD)と同様の共通フレームワークづくりにつながる可能性も出てくる。

 

 (写真は、イタリアのG20事務局の模様)

 

 SFSGは、パリ協定後の2016年に、中国と英国の共同議長によって作業を展開、主に途上国・新興国の気候関連事業へのファイナンスについ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム