HOME4.市場・運用 |民間の自主的カーボンクレジット業者の大手2社が合併。主要国の気候変動対策の強化で、企業のクレジット需要増大に対応するため、グローバルな供給基盤の強化を目指す(RIEF) |
Climate Careキャプチャ

 

 民間の自主的カーボンクレジット市場での大手プロバイダーであるNatural Capital Partnersと、ClimateCareの2社が4日、合併を発表した。「自主的カーボン市場の世界リーダー」として名乗りをあげた形だ。米欧の気候変動対策の本格化で、今後、CO2排出量の削減を求められる企業等からのクレジット需要が高まるとみられることから、グローバルベースでのクレジット供給基盤を強化する。これまでの両社合計のクレジット供給量はCO2で1億㌧以上に相当する。

 

 (写真は、ClimateCareが英国で展開する森林再生事業)

 

 ともに英国を拠点とする。ESG・サステナビリティ・ビジネスの世界では、主要企業が……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム