HOME |国際資本市場協会(ICMA)、「クライメート・トランジションファイナンス・ハンドブック」を発行後、半年で見直し。準拠する日本政府の「基本方針」も公表1週間足らずで根拠揺らぐ(RIEF) |
ICMAキャプチャ

 

  グリーンボンド等の市場基準を提供する国際資本市場協会(ICMA)は、昨年12月に公表した「クライメート・トランジションファイナンス・ハンドブック」の見直し作業に入ったことを明らかにした。「ハンドブック」への疑問や不満が多く寄せられたためという。ICMAは「ハンドブックに追加的なガイダンスや説明が必要」との認識を示している。公表から半年も立たない段階での見直しは過去、例がない。日本の金融庁など3省庁は「ハンドブック」に準拠した指針を公表したばかり。同指針の見直しも必要になりそうだ。

 

 ICMAは債券市場での取引金融事業者で組織する国際的な民間団体。昨年12月9日、炭素集約型産業・企業がパリ協定の目標に沿う低炭素化・脱炭素化を目指すためのトランジション(移行)ファイナンスを示す「クライメ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム