HOME10.電力・エネルギー |フォルクスワーゲン、ダイムラー、ボルボの欧州3自動車メーカー、大型電気トラック向け「グリーン電力」の高速充電ポイントを5年で1500カ所設置。他メーカーの参加も要請(RIEF) |
Volvo002キャプチャ

 

 フォルクス・ワーゲン、ダイムラー、ボルボの欧州3自動車メーカーは、大型電気トラックの高速充電が可能なグリーン電力充電ステーションを、欧州全域1700カ所で、共同で設置することで合意した。今後5年間に5億ユーロ(約650億円)を投じる。充電する電力は太陽光発電等の再生可能エネルギー電源とすることで、EVトラックの脱炭素度を高める。3社は長距離トラックやバス向けの充電ネットワークをさらに拡大するため、他のメーカーの参加も求めていくとしている。

 

 3社は共同プロジェクトを来年から開始するため、年末までに等分出資でジョイントベンチャーをオランダのアムステルダムに設立する。建設する充電ステーションの利用は大型EVに限定せず、あらゆる商業用EVの利用に開放する。ステーションの設置場所はトラック等の……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム