HOME10.電力・エネルギー |ロシア財務相、脱炭素化の進展による石油・ガス等の化石燃料製品への需要減退と、EUのカーボン国境調整メカニズム(CBAM)の影響で国家収入大幅減少のリスク認める(RIEF) |
rossia001キャプチャ

 

  ロシアの財務相、アントン・シルアノフ氏はグローバルに脱炭素化が進み、石油・ガスを含む化石燃料需要が減退することや、EUのカーボン国境調整メカニズム(CBAM)の導入等の影響を評価するために実施したストレステストの結果、ロシアの収入が大幅に減少する可能性があることが判明、政府に警告したことを明らかにした。

 

 Bloombergが同氏に対するインタビューで公表された。同氏はグローバルなエネルギー市場で再生可能エネルギーのシェアが拡大していることの影響を、ロシア財務省の経済モデルで分析した結果、ロシアの国家収入に大きな影響が生じると指摘した。

 

[caption id="attachment_116055" align="alignnone" wi……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム