HOME5. 政策関連 |EU欧州委員会、コロナ禍からの回復をグリーン事業で展開するグリーンボンドフレームワークを採択。6年間で2500億ユーロ(約32兆5000億円)発行。10月に第一号発行へ(RIEF) |
EUGreenbond0033キャプチャ

 

 EUの欧州委員会は7日、第三者機関からの独立評価を受けたグリーンボンドフレームワークを採用した。EUはコロナ禍からの回復パッケージであるNextGenerationEU(NGEU)全体の30%に相当する2500億ユーロ(約32兆5000億円)を2026年までに、グリーン投資として展開する。第一弾でEU初となるNGEUグリーンボンドは10月に発行予定だ。今回のフレームワークは同グリーンボンドの基本原則を定めたものだ。EUの大規模グリーンボンドの発行で、グローバルなグリーンボンド市場は一段と拡大すると期待されている。

 

 EUが採用したのは「NGEUグリーンボンドフレームワーク」。同フレームワークに基づき、今後、6年にわたってNGEUグリーンボンドを発行する。年間500億ユーロ規模の発行とな……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム