HOME |国連持続可能な開発目標(SDGs)、2030年までに17目標達成のためには最大約100兆㌦(1京1000兆円)の資金ギャップが明らかに。「Force of Good」が報告書で推計(RIEF) |
SDGs001キャプチャ

 

  グローバル社会を覆う新型コロナウイルス感染の影響等で、国連の持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる17の目標を2030年までに達成するには、最大約100兆㌦(1京1000兆円)の民間資金のギャップが生じているとの報告が示された。コロナ禍等でギャップは拡大しているという。これまでに投じられ、今後10年間で示された「SDGsコミットメント」は最大42.5兆㌦。このうち45%は気候変動課題に集中しているという。

 

 調査は米NGOの「Force for Good:FoG」が、国連等と連携して実施した。国連が提唱しているSDGsは2030年までに17の目標達成を目指し、民間資金の導入を促進している。グローバルにSDGs目標を実現するには、30年までに毎年世界のGDPの約1割強の追加資金が目標分……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム