HOME |英国、IFRSの国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)を取り込んだ英国版「サステナビリティ情報開示要件(SDR)」の法制化へ。英国版グリーンタクソノミーも要件に(RIEF) |
UKSDRキャプチャ

 

 英政府は18日、サステナブル投資を推進するロードマップ「Greening Finance」報告書を公表した。その中で、サステナビリティ情報開示の国際基準となるIFRSの国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)を取り込んだ「サステナビリティ情報開示要件(SDR)」を法的義務のフレームワークとする方針を打ち出した。SDRによる開示対象は企業、資産運用機関、資産保有機関、投資商品とし、いずれも英国版グリーンタクソノミーへの適用を最小限度のセーフガードと位置付ける。

 

 英国は2019年に「グリーンファイナンス戦略」を公表している。同戦略では金融セクターが政府のネットゼロ戦略に適合することを支援する「ファイナンスのグリーン化」と、金融市場の資金をクリーンでレジリエントな成長に振り向ける「グリー……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム